SEOの考え方

「Webサイトを検索結果で上位表示させたい」と思われるのは、ほとんどのクライアント様共通のことです。しかし、「どういった検索キーワードで上位を狙いたいのですか?」「そのコンテンツを十分に持ってらっしゃいますか?」といった問いには「分からない」「いいえ」と返ってきます。それでは、上位表示させたいといっても漠然としすぎていて100%不可能です。
自社名で上位表示というご希望もあります。これは逆に、仮に同名が多数存在したとしても、地域や取扱い商品などのキーワードと合わせれば上位に表示され、既存顧客の利便性は若干上がるかもしれませんが、自社の存在を知らない新規獲得にはほとんど意味がないことになります。
Webサイトの役割として、多くの場合、問い合わせや商品販売、求人募集などの新規ユーザーの獲得(その後のリピート)を求めてらっしゃると思います。そのために、どのようにサイト作りをすれば良いのかという指針がSEOだとも言えます。

検索エンジン最適化とは

SEO(検索エンジン最適化)とは、主にGoogleやYahoo!に代表される検索エンジンに対してWebサイトを最適化し、ユーザーの検索結果において、自サイトのWebページに関連するキーワードで上位表示されたり、ユーザーの目に留まりやすくなったり、ユーザーの流入に繋げやすくすることと言えます。

では、検索エンジンに対してWebサイトを最適化するとは、どういうことなのか。それは、アルゴリズムをアップデートしながら進化していく検索エンジンの意に沿うということだと言えます。
そしてその検索エンジンの意図とは、とにかくユーザーエクスペリエンスの向上、言い換えれば、ユーザー満足度の向上に尽きます。それは、GoogleのSEOについてのガイドラインでも明らかであり、ユーザーが検索によって必要としている事柄に対して、「より的確に」「より便利に」「より広く深く(網羅的で専門的)」「より早く(速く)」情報を与えることです。
これは、クローラ(検索エンジンの巡回ロボット)が常にユーザー目線でクロール(情報取得のための巡回)し、そのWebサイトが何についてどれほど広く深いコンテンツを持っているか、それをユーザーにストレスを与えずに提供することが出来るか、そしてそれらがユーザーにとって役立ち満足させ、さらには付加価値まで与える内容であるか…といった情報を収集して検索結果に繋げるということであり、クローラ自身もユーザーの一人に他ならないのです。

なぜ、検索エンジンにとってユーザーを満足させることが重要なのか

検索エンジンが常にユーザー目線であるのは、ユーザーこそが検索エンジンの顧客であるからです。
検索エンジンは広告からの収益で成り立っており、それを得ることが目的です。そのためには、より多くの人に何度も利用してもらいたいと考えます。そしてその利用者増加と利用頻度の向上には、利用したユーザーがリピーターになって何度も利用してくれることが必要で、それには、検索結果が「素早く」「的確に」ユーザーのニーズを十分に満たすものであり、さらには喜びや感動まで与えるものでありたいと考えるのです。

SEOで何をすべきか

つまり、SEO(検索エンジン最適化)で大切なことは、ユーザー目線に立った質の高いコンテンツ(特に文章内容とその量)と、クローラが正しい情報をスムーズに取得できるようなサイトの構築及びその手助けだと言えます。
そしてそれは、検索エンジンのアルゴリズムアップデートに左右されない普遍的なSEOだと言えます。

これまで、キーワードの出現数や被リンク数が重要視された時代もありましたが、不自然に出現数の多すぎるキーワードや、人為的な購入などによる外部からのリンクはスパムとされ、一昔前までは有効だと思われていたSEO対策が、今ではペナルティとなることもあります。
SEOは自然でなければならないのです。ページ内容と関連性の薄いキーワードを大量に出現させたり、コンテンツの質の低いサイトから大量に被リンクを受けたりといった不自然な行為は、ペナルティとなり検索結果の順位を下げます。

ページ内容を的確に無駄なく表したユーザーの期待を裏切らないタイトル、ユーザーが内容を把握しやすい親切な見出し、自然に文章の中に含まれる重要キーワード、SNSなどで拡散したくなるような質の高い期待以上のコンテンツ、それらすべてが、ユーザーを満足させ、「役に立った」「助かった」「これを探していた」と喜んでもらえるものであれば、自ずと検索結果に上位表示されるのです。

当方が重視するSEOとは

  • やはりクライアント様とのヒアリングが重要だと考えます
  • プラットフォームはSEOに強いWordPressを使用します
  • WordPressテーマはSEOに強くカスタマイズ性に優れたCocoonを使用します
  • コンテンツ重視とし、ユーザーにとって有益な内容の文章及びその量を必要とします
  • ユーザーにページ内容を適切に示すtitleタグを重視します
  • ユーザーが内部リンクを辿りやすいナビゲーションメニューやリンクを設置します
  • リンクはHTMLアンカータグとし、テキストリンクを重視し、リンク先との関連性を明らかにします
  • descriptionタグ(メタタグ)でユーザーにページ概要を適切に示します
  • 必要に応じて画像には代替テキストを与えます
  • Googleにインデックスされやすいようにサイトマップを送信します(Google Search Consoleを使用)
  • すべてユーザー目線で考えます

以上を踏まえてWebサイト制作時に、Google Search Console, Google Analytics, キーワードプランナーなどを利用して、基本的なSEO対策は行わせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました